【画像】小田凱人(ときと)がイケメンすぎ!英語ペラペラでかっこよすぎると話題に

2023年6月10日、全仏オープン決勝で小田凱人(ときと)さんが優勝をかざりました。

17歳33日での4大大会優勝は、男子シングルスで史上最年少の快挙です。

そんな小田凱人さんがとてもイケメンすぎでおまけに英語もペラペラでかっこいいと話題になっていますね。

今回は小田凱人さんのイケメンすぎる画像を中心に詳しくまとめてみました。

目次

小田凱人がイケメンすぎる!

車いすテニス界の第一人者といえば、誰もが国枝慎吾さんを思い浮かべるのでは?

2023年1月に国枝さんが引退されてから、早くも車いすテニス界に新星が現れました。

まだ17歳の現役高校生、小田凱人さん。

全仏オープンで優勝し一躍世界のトップに躍り出ましたね。

小田凱人さんって、とても爽やかなイケメンなんです。

小田凱人さんのイケメンすぎる画像を集めてみました。

小田凱人のイケメン画像①

テニスプレー中の小田凱人さん。

真剣な眼差しで、これぞスポーツマンと思わせるイケメンぶりです。

とても精悍なお顔ですね。

若さがみなぎっている感じです。

小田凱人のイケメン画像②

小田凱人さんは、笑顔もとっても印象的です。

コートの中でも外でも笑顔がまぶしいイケメンです。

日に焼けた浅黒い肌も精悍さを増していますね。

小田凱人のイケメン画像③

優勝した時の晴れやかな表情の小田凱人さん。

テニスプレーヤーとしては一番いい笑顔かもしれませんね。

ちなみにこの画像の小田凱人さんの髪型、とてもオシャレだと思いませんか?

前髪パッツンですが、短髪がすごくお似合いです。

小田凱人のイケメン画像④

小田凱人さんのプライベートショット。

こうしてみると普通の高校生に見えますが、やっぱりどこから見てもイケメンですね。

ちなみに、小田凱人さんへの世間のコメントも、”イケメン”という声が多かったです。

小田凱人選手!全仏オープン優勝おめでとうございます。 年齢も若いし、これからの活躍すごいだろうなぁ! しかもイケメン!

小田凱人選手、17歳の髪型ではない(偏見)こんなキメキメだともっと大人びて見える

車椅子テニスの小田凱人君かぁー 新星が現れたな!!! イケメンだし人気出そう

小田凱人選手16歳とは思えない落ち着きだな もう考え方が素晴らしすぎん、、 みてて涙でてきた てかめっちゃイケメン

小田凱人は実は英語も喋れてカッコいいと話題に

小田凱人さんが、試合後のインタビューで流暢な英語を披露していたことに驚かれた方も多いのではないでしょうか。

その英語力やどのようにして英語を勉強されていたのか、勉強方法も気になります。

小田凱人が英語がペラペラな理由は?

小田凱人さんが英語を話すのはなぜか?

やはり世界のトップを狙い世界中を転戦しているプレイヤーに取って、英語力は欠かせません。

小田凱人さんは、SNSでの発信を英語で書きながら勉強されているようです。

海外ツアーを転戦しているので、英語で書くようにしていますね。フランス語やスペイン語は翻訳ソフトを使って。海外の選手が日本語で書いてくれたらうれしいなと思っているのでトライしています。英会話は成長したかなと思うけど、グランドスラム(のスピーチ)で話せるかって言われると……、緊張しちゃいます(笑)。

https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/othersports/para_sports/2022/09/01/16_1/index_2.php

グランドスラム(のスピーチ)で話せるかって言われると……緊張しちゃいます(笑)。

と謙遜ぎみですが、実際の優勝スピーチは立派な英語だったそうです。

小田凱人の英語はどれくらいペラペラ?

インタビュー動画が探せなくて残念ですが、世間の声を拾ってみました。

小田くんはマジかっこいいなー、英語も上手だなあ 武士みたいなのに、、

いやはや17歳とは思えない堂々としたプレーと英語のスピーチ 本当におめでとう

小田凱人くん英語流暢すぎて

また、世界で活躍しインタビューを英語で受けることにより、最初はたどたどしいながらもスピーチを重ねるごとに上達されていったと話されています。

最初は全然話せなかったし、詰まることも全然あったが、10代で四大大会を経験したり、(記者会見で)話す場を設けられていることで、あまり苦に感じないようになった」

 場数を踏むことで表現力が磨かれたのか、その言葉は、聞く者の胸にきっちり届く。そして、この17歳はおそらく、トップアスリートという、常人には味わえない経験を積み重ねる者だけが持つ言葉の力をよく理解している。

https://number.bunshun.jp/articles/-/857765?page=2

物おじせず、堂々と話していくことも上達の秘訣かもしれませんね。

小田凱人は考え方や生き方もイケメンでカッコいい!

小田凱人さんは見た目のイケメンばかりか、内面もカッコいいと言われています。

子供の頃の病気が元で車いす生活になりましたが、それさえも”あくまでも人生の分岐点”とポジティブにとらえています。

病気を乗り越えたという感情とは少し違う。乗り越えるべき壁ではなかったし、くじけなかったし、闘うものでもなかった。それをプラスにして、障害がないとできないスポーツ、限られた人しかできないスポーツなので、それがあって車いすテニスができているし、今の注目度がある。乗り越えたというより、あくまでも人生の分岐点だった

引用:https://number.bunshun.jp/

骨肉腫にかかった、特に少年少女には、そんなに悪いことじゃないよっていうのは自分のプレーでも伝えたいし、発言でも伝えていきたい。何か一つ頑張ることができれば変わると思う。そこはぜひ、自分の活躍、活動だったり、今回のグランドスラム優勝を見てもらって、(悪いことじゃないと)とらえてほしい」

https://number.bunshun.jp/articles/-/857765?page=3

病気になって車いす生活にはなったけど、それは「悪いことじゃない」と言い切る小田凱人さん。

病気で苦しんでいる子供たちや大人まで、とても勇気づけられる重みのある言葉だと思います。

小田凱人のwiki学歴プロフィール

名前:小田凱人(おだときと)

生年月日:2006年5月8日

年齢:17歳(2023年6月現在)

出身:愛知県一宮市

高校:N高校

所属:東海理化

小田凱人さんは、子供の頃はサッカー選手になるのが夢でしたが、9歳の時に骨肉腫を発症し、手術や抗がん剤の服用など闘病生活が始まります。

サッカー選手の夢は絶たれましたが、医者の勧めで車いすテニスを始めることになります。

小田凱人の学歴①中学は

引用:テニスマガジン

小田凱人さんの出身中学校は、一宮市立西成中学校です。

岐阜のインターナショナルテニスクラブで指導を受けていました。

闘病後、10歳から始めた車いすテニスは中学生で頭角を現し、14歳11か月で史上最年少のITF車いすテニスジュニアランキングで1位を達成します。

小田凱人の学歴②高校は

小田凱人さんは現在高校生です。

「N高校」の通信制で学業とテニスを両立されています。

元々の運動神経が良かったのか、その後の車いすテニスでの活躍が目覚ましいです。

2016年に行われた国枝慎吾さんのロンドンパラリンピック決勝の映像を見て、衝撃を受けたとも話していますね。

国枝選手や、上地結衣選手が車いすテニスに注目してもらいやすい環境をつくってくれたので、自分はもっと盛り上げたいと抱負をかたる小田凱人さん。

これからが楽しみでしかないですね!

小田凱人の壮絶な生い立ち|骨肉腫発症〜世界テニス優勝まで

現在の活躍が華々しい小田凱人さんですが、その生い立ちは壮絶です。

小田凱人さんは9歳の時に骨肉腫に罹ってしまったのです。

左股関節と大腿部の一部を切除という大手術で、入院生活は9か月にも及びました。

その間の抗がん剤治療は17回。

足が痛い、自由にならない、サッカーができない、学校にも行けない・・

そんな中で主治医に勧められたのがパラスポーツでした。

10歳から車いすテニスを始めますが、国枝慎吾選手の優勝する姿をテレビで見て自分も世界を目指そうと努力を重ねてきました。

想像を絶する闘病生活に希望を見いだせたのはご家族や周りのサポート、そして小田凱人さんの努力の賜物だと思います。

小田凱人がイケメンすぎた|英語ペラペラで生い立ちも壮絶だった

小田凱人さんがイケメンすぎで中身までカッコいい。

英語もペラペラだけど生い立ちは壮絶・・。

小田凱人さんの4大大会優勝は、爽やかなイケメンさとは裏腹に、見えない努力が実を結んだといっても過言ではないでしょう。

これからも小田凱人さんのご活躍を期待したいと思います。

目次